★岸ミツアキ(p)/プロフィール Click here to the biography in English

1961年、和歌山県生まれ。父親が音楽家だった影響で幼少時にピアノを始め、高校時代に早くもプロとしての活動を開始。関西を中心に活動した後、1994年に拠点を関東に移す。

1997年以降リーダー・アルバム13作、ベストアルバム1作をリリース、うち3作が『スイングジャーナル誌・選定ゴールドディスク』を獲得。スタンダード曲を中心にしたオーソドックスなアルバム作りは常に高い評価を受けている。

1999年から自己のグループでアメリカ、ドイツ、ロシア(5回)、キルギス共和国(2回)、カザフスタン共和国など数々の海外公演を行っており(詳細は別項<海外公演>参照)、国内でもアメリカより招いたアーネスティン・アンダーソン(vocal)、ハリー・アレン(tenor sax)、ハワード・アルデン(guitar)、ジョン・クレイトン(bass)、ジェフ・ハミルトン(drums)、グラディ・テイト(vocal, drums)、ウォーレン・ヴァシェ(trumpet, cornet)、バッキー・ピザレリ(guitar)、ジェイムス・ムーディ(sax)、スコット・ハミルトン(tenor sax)、ダイアン・シューア(vocal)等とライブやコンサートで共演するなど、常にグローバルに活躍している。

俳優の故・藤岡琢也氏と写真家・浅井慎平氏が隔週でパーソナリティをつとめていたNHKラジオジオ第一放送「ときめきJAZZ喫茶」(2004年4月〜2007年3月放送)ではオープニングとエンディング・テーマの作曲と演奏を担当、準レギュラーとして番組にもたびたび出演した。テーマ2曲が収録されたアルバム『ザ・マジカル・ジャズ・カフェ』を2004年にリリース。

2007年、ロン・カーター(bass)出演の「Tully's Coffee」テレビCMに使用された曲「It's the Time」でピアノを担当。同バージョンはロン・カーターのアルバム「It's the Time」にボーナス・トラックとして収録された。

同年、出身地である和歌山県より「平成19年度・和歌山県文化表彰/文化奨励賞」を授与される。

最新リーダー・アルバム「ラヴ・アット・ファースト・サイト」(ニューヨーク録音/2013年4月25日発売)は故ジョージ・シアリングを長年支えた名手ニール・スウェインソン(bass)とカウント・ベイシー・オーケストラのリーダーでもあるデニス・マックレル(drums)との共演作。

<海外公演>

●1999年8月<アメリカ>: 米西海岸の名門ジャズフェス「コンコード・ジャズ・フェスティバル」(第31回)に出演。ローズマリー・クルーニー、カウント・ベイシー・オーケストラ、マンハッタン・トランスファー等と同じステージに立った。

●2003年11月<ロシア>: 日露友好条約に基づいて外務省の要請によりロシア親善ツアーを行う(4都市6公演)。これは小泉首相とプーチン大統領の「カナナスキス・サミット」での日露首脳会談の折に合意された、ロシア全土で日本の伝統や文化を紹介するというプロジェクトの一貫。日本舞踊・邦楽に続き、多様な日本文化の一面を伝えるという主旨でジャズ・ピアニストの岸ミツアキに白羽の矢が立った。

●2004年10月<ロシア>: 前年の評判を受けて「ウラジオストク・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」に招聘される。

●2006年3月<ロシア>: ハバロフスク地方政府より招聘を受け「極東ジャズ・フェスティバル」に出演。3度目のロシア公演。

●2008年10月<ドイツ>: デュッセルドルフ日本国総領事館の要請とバックアップにより、ドイツ公演(デュッセルドルフ市近郊で4公演)を行い大好評を博す。

●2010年11月<ロシア>: 「ウラジオストク・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」に再度招かれ、近郊のナホトカ市でも初ライブを行った。4度目のロシア公演。

●2011年9月<キルギス>: 中央アジアのキルギス共和国ビシュケク市で開催された「日本総合紹介週間(日本国大使館主催)」開会式(シンフォニー大ホール)にて演奏。また同ホールでトリオでの単独コンサートを開催。

●2011年10月<ロシア>: ロシア・ウラジオストク市で開催された「国際環境会議」レセプションにメインゲストとして招かれ、フィルハーモニック・ホールでの単独コンサートも開催。5度目のロシア公演となる。

●2012年1月<キルギス>: 前回の好評を受けて、キルギス共和国(ビシュケク市)再訪が早くも実現。日本とキルギス共和国の国交樹立20周年記念式典でのソロ演奏、またトリオで「シンフォニー大ホール」にて2度目の単独コンサートも行った。

●2012年5月<カザフスタン>: カザフスタン共和国の首都アスタナ市「オペラ&バレー・シアター」で単独コンサート、また国立芸術大学でのレクチャーなどを行う。現地で開催された日本との外交樹立20周年を記念するイベントの一環として招かれた。

【2013年3月現在】

★Mitsuaki KISHI(p) / Biography

Jazz pianist, born in Wakayama prefecture, Japan, in 1961.
He started playing piano as a professional in his high school age. After he played around the Kansai area, he moved to Tokyo in 1994.

He made 13 leader albums and released 1 best album since 1997. 3 of those recordings won the Selective Gold Disc Award of the Swing Journal, which is the oldest and the most famous jazz magazine in Japan.
His authentic style of jazz always gets the good reputation.

From 1999, he often tours overseas by his own group (see separate entry "Overseas Performances"), and also plays domestically with the great jazz legends from U.S. such as Ernestine Anderson (vocal), Harry Allen (tenor sax), Howard Alden (guitar), John Clayton (bass), Jeff Hamilton (drums), Grady Tate (vocal, drums), Warren Vache (cornet), Bucky Pizzarelli (guitar), James Moody (sax), Scott Hamilton (tenor sax), and Diane Schuur (vocal).

Kishi composed and played the theme music for the NHK weekly jazz program "Tokimeki Jazz Kissa" (broad casted from April 2004 to March 2007) that was hosted by the Japanese legendary actor FUJIOKA Takuya and the photographer ASAI Shimpei and he was often invited to the program as a regular guest.
He recorded the theme music of this program in his album "Magical Jazz Cafe" in 2004.

He played for the TV commercial song of the Tully's Coffee "It's the Time" with the jazz legend Ron Carter (bass). This recording is on the Ron's album "It's the Time" as well.

He won the Cultural Award of 2007 of Wakayama prefecture.

His latest album "Love at First Sight"(released in April 2013) was recorded in New York with Neil Swainson (bass) and Dennis Mackrel (drums). Neil Swainson is the world famous Canadian bassist and was the regular member of the jazz legend George Shearing (piano) group. Dennis Mackrel is an outstanding drummer and also the leader of the Count Basie Orchestra from 2010.

Overseas Performances

In August 1999 (U.S.A.): The 31st Concord Jazz Festival. Mitsuaki Kishi group stood on the same stage of great jazz legends such as Rosemary Clooney, Count Basie Orchestra, and Manhattan Transfer.

In November 2003 (Russia): Russian tour as the ambassador of the International cultural exchange foundation of the Japanese government. Kishi trio played 6 shows in 4 cities. (This project was the part of the Kananaskis Summit agreement between the ex-prime minister Mr. Koizumi and President Putin, that aimed to introduce the Japanese arts and culture in Russia.)
Besides showing the Japanese traditional art format, he was selected as a key person for this project in order to introduce the multicultural aspect of Japan.

In October 2004 (Russia): Vladivostok International Jazz Festival, Russia. As the result of the successful tour of the previous year, Kishi was invited to Vladivostok city again.

In March 2006 (Russia): Far East Jazz Festival in Khabarovsk, Russia. It was the invitation by the government of Khabarovsk.

In October 2008 (Germany): Tour in Germany (4 shows around Dusseldorf city). It was the offer by the Consulate General of Japan in Dusseldorf to introduce the high-level multicultural aspect of Japan and to cultivate cultural exchanges.

In November 2010 (Russia): The 7th Vladivostok International Jazz Festival. The festival had been receiving the strong requests by many of Kishi's fans there, and it was the fourth time for Kishi to play in Russia.

In September 2011 (Kyrgyztan): Concerts in Bishkek city, Kyrgyz Republic. Embassy of Japan in the Kyrgyz Republic offered Kishi to play at the ceremony of Japan Week hosted by the embassy. Kishi trio also had a concert at the Symphony Hall.

In October 2011 (Russia): Concerts in Vladivostok, Russia. Kishi Trio was invited to play at the reception of the international conferences on the environment, and also had a concert at the Philharmonic Hall. It was the 5th time for Kishi to play in Russia.

In January 2012 (Kyrgyztan): Kishi was invited to Kyrgyz Republic again to play at the ceremony for the 20th anniversary of the diplomatic relations between Japan and Kyrgyz Republic. He had a concert again at the Symphony Hall by his trio.

In May 2012 (Kazakhstan): Kishi was invited to Republic of Kazakhstan for the anniversary events in Astana city to celebrate 20 years of diplomatic relations between Japan and Republic of Kazakhstan. He had a concert at the Opera and Ballet Theatre and gave a lecture at the national university of arts.

[as of May, 2014]